ギャラリー山陽堂
 青山星灯篭 甦生プログラム 「星と竹の多(おほ)の森」展  ~星灯篭が土地の記憶を照らし出す~
青山星灯篭 甦生プログラム 「星と竹の多(おほ)の森」展 ~星灯篭が土地の記憶を照らし出す~
期 間: 2017年9月23日(土)~30日(土)平日11時 - 19時  土11時 - 17時  日休み   
~星灯篭が土地の記憶を照らし出す~

江戸時代から明治時代初期まで、青山・百人町(現在の善光寺のあたり)で行われていた「星灯篭」は、旧暦7月の1ヶ月間 、竹竿の先に灯篭をつけて高く掲げるお盆の行事でした。



夜にはまるでたくさんの星が出ているように見えたところから「星灯篭」と呼ばれ、二代歌川広重の浮世絵にも描かれました。この行事を蘇らせることで、青山の歴史を遡り、かつてここにあった環境と暮らしを再発見したいと考えています。

これからの街と人の暮らしについて考えるために、もっと土地を知る、新しい取り組みです。

フ゜レスリリース最終_01.jpg
フ゜レスリリース最終_02.jpg


終了したイベント