ギャラリー山陽堂
益田ミリ「今日の人生展」
益田ミリ「今日の人生展」
期 間: 2017年5月9日~23日 月~金:11~19時、土:11~17時(5/10・最終日の23日は17時まで)

むなしい日も、幸せな日も、おいしいものを食べた日も、永遠の別れが訪れた日も...

人生の機微を描いたコミックエッセイ『今日の人生』(益田ミリ著、ミシマ社)。



原画をはじめ、

著者の益田ミリさんが毎日撮りためている「今日の食卓」の写真、

描き下ろしマンガなどを盛り込んだ

「ここだけ」の特別展示をおこないます。

 

デザイナー・大島依提亜さんによる

カラフルな装丁や、思いのつまった本づくりの一片も公開。

 

あたりまえのような日常を、ふと嬉しく感じるような

ささやかなしあわせが詰まっています。

ぜひ足をお運びください。


『翻訳堂 at 山陽堂 柴田元幸さんの朗読&トーク』
『翻訳堂 at 山陽堂 柴田元幸さんの朗読&トーク』
期 間: 5月10日(水)19時より

世界中の小説を読み、物語の森を歩いてきた柴田元幸さんと村上春樹さん。

 

お二人の記憶に鮮やかに刻まれた「もう一度読みたい!」という10作品を厳選して新訳・復刊する新潮文庫の≪村上柴田翻訳堂≫をご存じですか?



この5月、柴田訳と村上訳の新訳2冊が加わり、計10冊に達しました。

 

今回、『いなごの日/クール・ミリオン ナサニエル・ウエスト傑作選』を新訳したばかりの、柴田元幸さんが作品について語って下さいます。

 

 

 

・日時 510日(水)午後7時~午後830

 

トークの後、ワインを飲みながら、サインと歓談の場を持ちます。

 

・場 所:ギャラリー山陽堂2F

 

・参加費 2000円(事前のお支払い。返金はできませんのでご了承ください。)

 

・定員:25名

 

・お申込方法:店頭・下記問い合わせメール・電話・ファックス

 

(定員になり次第締め切らせていただきます。)

 

 

 

柴田元幸Shibata  Motoyuki

 

1954年東京生れ。米文学者・前東京大学教授。翻訳家。『生半可な學者』で講談社エッセイ賞受賞。『アメリカン・ナルシス』でサントリー学芸賞受賞。トマス・ピンチョン『メイスン&ディクスン』で日本翻訳文化賞受賞。ポール・オースターなどアメリカ現代作家を精力的に翻訳するほか、『ケンブリッジ・サーカス』『翻訳教室』など著書多数。文芸誌Monkeyの責任編集を務めるなど、幅広く活躍中。最新翻訳書は、ナサニエル・ウエスト『いなごの日/クール・ミリオン ナサニエル・ウエスト傑作選』≪村上柴田翻訳堂≫。ポール・オースター『内面からの報告書』(20173月、新潮社)『オラクル・ナイト』(20161月、新潮文庫)、スティーヴ・エリクソン『ゼロヴィル』(20162月、白水社)、ブライアン・エヴンソン『ウインドアイ』 (201611月、新潮クレスト・ブックス、集英社文庫ポケットマスターピース06『マーク・トウェイン』(編訳)など訳書多数。

 


終了したイベント