ギャラリー山陽堂
祖敷大輔 『ハリネズミの願い』 挿絵展
祖敷大輔 『ハリネズミの願い』 挿絵展
期 間: 9月23日(金)-10月6日(木)  平日11時-19時  土11時-17時  日祝お休み   *イベント開催日及び最終日は17時まで

harinezumi2.jpg    


友だちを招待したくて手紙を書いたのに、「でも、誰も来なくてもだいじょうぶです」とつけくわえてしまう、内気なハリネズミが主人公の『ハリネズミの願い』(新潮社刊)。


オランダでもっとも敬愛されている作家トーン・テレヘンによるこの本には、

敷大輔さんによる日本語版オリジナルの装画と挿絵がついています。

 

著者のテレヘンさんも翻訳者の長山さきさんも、そしてオランダの出版社の編集者も一目見るなりとりこになってしまったこのハリネズミ。

 

今回の挿絵展は、『ハリネズミの願い』のカバーと本文に掲載された10点以上の原画に加え、それを元に制作したシルクスクリーンプリントなども展示。


そのかわいらしさに釘づけにされてしまうハリネズミのたたずまいと、パステルのやわらかな風合いをお楽しみください。

 

期間中に山陽堂書店で『ハリネズミの願い』をお買い上げいただいた方には、特製のハリネズミ絵はがきをプレゼントいたします。





トークイベント

 ~トーン・テレヘン著『ハリネズミの願い』が日本で出版されるまで。~


日時: 926日(月) 19時より

場所: 青山・ギャラリー山陽堂

出演:新潮社編集者 須貝利恵子 ・ イラストレーター 祖敷大輔

 「はじめて試訳を読んでいただいた二十五年前から、『ぼくが一生かかっても書けない、可愛くて怖い童話』と評して励ましつづけてくださった谷川俊太郎さんと、夢中で一気に訳した原稿を読んで、出版を快諾してくださった新潮社の須貝利恵子さんに心からお礼を申し上げたい。(中略)見たとたん、心が震えるようなハリネズミの絵を描いてくださった祖敷大輔さんと、すてきな本に仕上げてくださった新潮社装幀室の望月玲子さんにも心からお礼を。」-訳者あとがきより


『ハリネズミの願い』の訳者あとがきに、今回語っていただく編集者・須貝利恵子さんとイラストレーター・祖敷大輔さんのお名前が登場します。

そんなお二人に、この本ができるまでの経緯や祖敷さんの絵をめぐるいろいろなことをお話ししていただきます。

「ハリネズミの願い」(新潮社1,404円込)をご購入された方には、トーク後、祖敷さんにサインをしていただきます。皆様のお申込みをお待ちしております。

*山陽堂でお買い上げいただいた方にはオリジナルのハリネズミ絵はがきをプレゼント。

●参加費:1500円(税込)

*事前のお支払い。返金はできませんのでご了承ください。

●お申込方法:店頭・下記問い合わせメール・電話・ファックス

mailinfo@sanyodo-shoten.co.jp

tel03-3401-1309

fax03-3401-1358   



【プロフィール】

祖敷大輔 soshiki daisuke

イラストレーター。1979年生まれ。広島県出身。武蔵野美術大学卒業。

新聞社、バイシクルメッセンジャーを経て、2008年よりフリーランス。

 http://soshikidaisuke.com/




半ノラ ~晴れときどきハリボテ作家展~
半ノラ ~晴れときどきハリボテ作家展~
期 間: 2016年10月21日[金] ~ 27[木] 月-金 / 11:00 ~ 19:00 土 / 11:00 ~ 17:00  日休廊

ノラはノラでも半ノラ

おいしいとこどりの半ノラ

玉と袋と色気を取られても

自由はまだ手の内

太く短く生きるのだ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~

晴れのちときどきハリボテ作家  vivi

くるあさごとに
くるくるしごと
くるまはぐるま
くるわばくるえ

という詩がありましたが・・・。
ワタクシにもそんな時が、度々やってまいります。
くるってしまえば簡単かもしれませんが、
まだそんな勇気もなく
くるいそうなとき ハリボテ コツコツ 作って
ガスぬきをしております。


10月21日[金] 18:00 ~ 20:00 オープニングパーティー開催!

お気軽にお越しください。


めずらしいひと × a boy with trisomy 18
めずらしいひと × a boy with trisomy 18
期 間: 2017年1月5日から1月7日  11時から18時まで(最終日は17時まで)
 18トリソミーの子どもの6年半の軌跡を写真集としてまとめました。
 
   それを見て「何だこれは!」と驚くのはごく一部の人です。
   
   写真集のおもしろさは、その「分かりにくさ」です。

 

 一方で「どうしたら分かってもらえるか」ということも大事です。
 
   そこで、学術書としての解説(めずらしいひと)を補ってみました。
 
   写真家であれば、そのような「蛇足」はしないのでしょう。



 写真集の正体を文章で綴る。

 2本の線の交わるところで別の像が浮かび上がる。
 
    拙著2冊に著者を添えて展示とします。



 著者紹介:郷右近 歩

 三重大学教育学部准教授。
 専門は発達神経心理学。
 フォトグラファーではない。
 古美術収集家でもない。
 同姓同名の方が複数いるらしい。


終了したイベント