#
お知らせ
TOP > お知らせ
過去アーカイブ
2017年10月12日 更新
10月14日土曜日お休みをいただきます。
お客様各位

10月14日土曜日

お休みをいただきます。

この日休配日のため雑誌書籍の入荷はございません。

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが

どうぞよろしくお願いいたします。

山陽堂
2017年9月12日 更新
青山星灯篭 甦生プログラム 「星と竹の多(おほ)の森」展 ~星灯篭が土地の記憶を照らし出す~ 2017年9月23日(土)~30日(土)平日11時 - 19時  土11時 - 17時  日休み  

おやまほしどうろう  そせい

青山星灯篭  甦生プログラム

「星と竹の多(おほ)の森」展

 

~星灯篭が土地の記憶を照らし出す~

2017923日(土)~30日(土)

於:青山表参道・山陽堂書店ギャラリー

 

江戸時代から明治時代初期まで、青山・百人町(現在の善光寺のあたり)で行われていた「星灯篭」は、旧暦7月 、竹竿の先に灯篭をつけて高く掲げるお盆の行事でした。夜にはまるでたくさんの星が出ているように見えたところから「星灯篭」と呼ばれ、二代歌川広重の浮世絵にも描かれました。この行事を甦らせることで、青山の歴史を遡り、かつてここにあった環境と暮らしを再発見したいと考えています。れからの街と人の暮らしについて考えるために、もっと土地を知る、新しい取りくみです。



フ゜レスリリース最終_02.jpg

2017年8月31日 更新
9月の土曜営業日変更のお知らせ
≪9月の土曜営業日変更のお知らせ≫

・9月2日 休業 (書籍・雑誌の入荷はありません)
・9月9日 休業 (書籍・雑誌の入荷はありません)
・9月23日 祝日秋分の日 11時-17時営業 (書籍・雑誌の入荷があります)
・9月30日 通常通り 11時-17時営業
 
どうぞよろしくお願いいたします。 

山陽堂書店



 
2017年8月21日 更新
クリネタ 長友啓展追悼・最終号 926円+消費税
「クリネタ」の最後は、トモネタ。

トモさんを思うとき、あなたは何を思い浮かべるでしょu.
B級からS級までの旺盛な食道楽ですか。
それとも、新宿ゴールデン街から銀座の高級クラブまでの、
その酒席の幅広さですか。

デザインを愛し、イラストを愛し、写真を愛し、広告を愛し、音楽を愛し、
小説を愛し、映画を愛し、ラグビーを愛し、ゴルフを愛し、相撲を愛し、
ファッションを愛し、旅を愛し、歌舞伎を愛し、芝居を愛し、
競馬を愛し、大阪を愛し、男を愛し、女を愛し、あ、この「クリネタ」を愛し、
それからえ~と、え~と・・・・・・、まだまだ、語りつくせません。
本当に、本当に、スケールの大きい方でした。

去る3月4日午前4時28分、
アートディレクターであり、クリネタ編長であった
長友啓典は突然、天に召されてしまいました。
その旺盛で、貪欲で、エネルギッシュな77年の生涯へ愛をこめて、
長友啓典を愛した人々の声、声、声で埋め尽くした
一冊まるごと追悼の最終号です。
名づけて、トモさんのネタ「トモネタ」。

それにしても、トモさん!いま、そっちで何してんの?


―クリネタ・最終号より―

*SIS山陽堂イラストレーターズ・スタジオ2代目講師 長友啓典氏 開講にむけての言葉

クリネタ HP




2017年8月19日 更新
8/21(月)―31(木)「みんなの絵しりとり展」
山陽堂イラストレーターズ・スタジオ(SIS)の二代目講師のアートディレクター
長友啓典さん(2017年3月4日永眠)は、
授業の最終日に生徒の方たち全員とノートを回して絵しりとりをし、
自分だけの1冊のノートを記念につくりました。
とてもたのしかったので、今年の2月下旬位からギャラリーでもはじめてみました。
あれから半年、何度も来店して描いてくださった方もいらっしゃるでしょうが、
8月半ばには約700名の方がこのしりとりに参加してくださいました。

この度、そのながーーーーーーーーーーーい絵しりとりを
たのしんでいただきたく展示をいたします。

3階窓越しのカウンター、向かって左側からしりとりははじまり、
らせん階段にそっておりていき、2階ギャラリーウィンドウ向かって右で終了です。
が、絵しりとりは現在進行中。
みなさまもぜひこの機会にご参加ください。

またこの度「週刊読書人」の方にご協力いただき、
「絵しりとり」の楽しさを教えてくださった長友啓典さんの週刊読書人での連載
四コマ&エッセイ「ともかくスケッチ」をご覧いただけることになりました。
(2014年11月第一回~2016年1月第30回まで)
第1回のタイトルは「不思議な縁に結ばれて」。

みなさまのお越しをお待ちしております。


*こちらの絵は、長友啓典さんが描いてくださったものです。