ギャラリー山陽堂
2018年5月11日(金)「LIVE版 山陽堂だより②」19時半より
2018年5月11日(金)「LIVE版 山陽堂だより②」19時半より
期 間: 2018年5月11日(金)19時半-20時半
2 LIVE版・山陽堂だよりでは、山陽堂書店で山の手空襲を体験した清水浜子

3代目店主の実姉)が空襲の日のことについて語るインタビュー映像をご覧いただきます。


視聴後は戦中戦後の時期を山陽堂書店がどう過ごしてきたのかを、

当時の写真と共にお伝えします。


5月のおすすめ本や、三丁目のおまけの小話もお楽しみに。


イベント後は23階で22時頃までご飲食いただけます。


3階カウンターでチケットと引き換えに飲みもの・おつまみをお受け取りください。(*持込不可)

2杯目以降の飲みものは有料となります。


 


LIVE版・山陽堂だより②」


日程:511日(金)19時半〜20時半(開場 19時)


参加費:1,000円(飲みもの・おつまみ付き)


定員:20名(事前申込制)


 申込み方法】


①氏名


②予約人数


③ご連絡先(電話番号)

件名に「山陽堂だより」、本文内に上記3項目について明記のうえ、sanyodo1891@gmail.comまでご連絡ください。

(*3営業日以内に折り返しのメールがない場合は電話(03-3401-1358)で

 お問い合わせください。)


電話・店頭でもお申し込み頂けます。



 5月の【LIVE版・山陽堂だより②】詳細


◇「青山に空襲があった −街角の書店から-


yamanote.JPGのサムネール画像



今年95歳になる 清水浜子(3代目店主の実姉)が東京大空襲・戦災資料センターの取材を受けた時のインタビュー映像(約25分)をご覧いただきます。


*『青山に空襲があった―街角の書店から』
2015
年/25
語り 清水濱子
聞き手・考証 山本唯人
製作 東京大空襲・戦災資料センター 東京大空襲証言映像プロジェクト /(有)記録同人 


*2015年に上映した時のお知らせ

http://sanyodo-shoten.co.jp/news/2015/05/post-82.html



◇あのときの山陽堂書店


ある時代の山陽堂書店や青山表参道周辺の様子について、当時の写真と共に紹介。

今回は戦中戦後(19401950年頃)の時代を振り返ります。


◇今月のおすすめ


5月のおすすめ本や新刊を紹介致します。


 三丁目のおまけ


「多過ぎる"あれ"」「ポストイット」「歯ブラシっ!」「おしんこの香り」などなど、北青山三丁目の山陽堂書店で人知れず起きている小事件についてご報告致します。


*当日新聞社の取材が入ります。ご了承いただきますようよろしくお願いいたします。

*内容は一部変更になる場合がございます。

 


\4月23日は、大切な人に本を贈る日、サン・ジョルディの日/                   「サン・ジョルディの日『本と私』展」
\4月23日は、大切な人に本を贈る日、サン・ジョルディの日/                   「サン・ジョルディの日『本と私』展」
期 間: 2018年 4/19(木)-5/2(水) 月-金 11時-19時   土11時-17時  日祝休 

 _ST.JPGのサムネール画像

期 間: 2018年 4/19(木)-5/2(水) 月- 11時-19  11-17時  日祝休 

 

本を贈りあう文化が日本にも根付かないものだろうか。

サン・ジョルディの日をもっとたくさんの人に知ってもらいたいという思いから、

一昨年、山陽堂書店ではサン・ジョルディの日 ポスター展を企画しました。

庄野ナホコさんの絵に、矢内そらんさんのコピーが並び、

デザインは故・長友啓典さんの指導のもと、

山陽堂イラストレーターズ・スタジオの3名のスタッフが手がけてくれました。

今年は、ポスター5点や庄野ナホコさんの原画を展示し、

皆様の「本」との出会いや、「本」にまつわることを書店2階のギャラリーで

共有させていただけるような参加型の展示をいたします。

 

サンジョルディの日

4月23日はサン・ジョルディの日。スペインのカタルーニャ地方に長く伝わる、本を贈りあう祝祭日です。ルバンテスやシェイクスピアの命日でもあることからユネスコ「世界本の日」として世界中に広まり、毎年、各地で催しものが開かれています。

 

◇制作協力  

絵 庄野ナホコ

◇コピー

矢内そらん 

◇デザイン 

桜餅シナモン、きくちまる子、右近茜

 

 


「LIVE版・山陽堂だより」はじめます!
「LIVE版・山陽堂だより」はじめます!
期 間: 2018年4月13日(金)


4月から月に1度「LIVE版・山陽堂だより」というものを催します。


伯母と甥(僕)のふたりが山陽堂の最近の取り組みや

イベント情報などについて、お喋りでお届けします。

(そこに誰もいなくても、届けます)


お店に寄ってくれた方を立ち話で長時間拘束することから、

一部友人に"お喋り本屋"とも揶揄される山陽堂書店ですが、

かしこまると緊張しいで喋れなくなる気の小さい面も兼ね備えております。


第1回目は4月13日(金)19時から


事前申し込み不要・入場料 500円はワンドリンク付きです。


その日限りのBar営業(22時頃まで)も予定しています。