ギャラリー山陽堂
1月18日山陽堂イブニングトーク今村直樹×並河進
『広告って、何だっけ?何だっけ!?』
1月18日山陽堂イブニングトーク今村直樹×並河進 <br />『広告って、何だっけ?何だっけ!?』
期 間: 2013年1月18日(金)19時から(開場18時30分)
来年の第一回目のトークショーは、『幸福な広告ーCMディレクターから見た広告の未来』(羽鳥書店2730円)の著者今村直樹さんと電通ソーシャル・デザイン・エンジン所属の並河進さんの対談です。 並河さんは、5月に開催された写真展「『ハッピーバースデイ 3.11~あの日、被災地で生まれた11人の子どもたちと家族の物語~』撮影:小林紀晴」でもトークをしていただきました。

詳細はこちらです。

・日 時:2013年1月18日(金)19時から(開場18時30分)
・場 所:ギャラリー山陽堂2F
・参加費 :1500円(事前のお支払い。返金はできませんのでご了承ください。)
・お申込方法:店頭・下記問い合わせメール・電話・ファックス  info@sanyodo-shoten.co.jp

 tel:03-3401-1309 fax:03-3401-1358 


【今村直樹さんプロフィール】
CMディレクター。東北芸術工科大学教授。サン・アドなどを経て、88年、今村直樹事務所を設立。2002年よりCM制作者集団ライブラリーを主宰。数多くの企業のCMを企画・演出。2011年、早稲田大学大学院公共経営研究科を修了し、地域活性化のための広告にも目を向けている。『幸福な広告』(羽鳥書店刊)内容紹介――長く第一線で活躍してきた自身の経験をふまえ、広告そしてCMをとりまく現状とこれからを展望する。具体的な実例から見える広告の姿や、"地域"の広告がもつ可能性を追って、30数人にのぼる制作者や広告主へのインタビューを重ね、「人と社会が幸福になる広告のありかた」をさぐる。

【並河進さんプロフィール】
電通ソーシャル・デザイン・エンジン所属。コピーライター、世話人。
「nepia 千のトイレプロジェクト」、「SARAYA 100万人の手洗いプロジェクト」「ユニセフ 祈りのツリープロジェクト」など、社会貢献を軸としたソーシャルプロジェクトの立ち上げを手がける。その他、2011年3月11日に被災地で生まれた子どもたちの写真と物語を伝える「ハッピーバースデイ 3.11」など。