ギャラリー山陽堂
高峰秀子・松山善三著『旅は道づれ雪月花』発売記念トークイベント
期 間: 日 時: 2012年3月13日(火)18時30分開始(18時開場)
ハースト婦人画報社『旅は道づれ雪月花』(税込1680円)発売記念トークイベントを開催します。
語っていただくのは著者お二人の養女でいらっしゃる斎藤明美さんです。
詳細は以下の通りです。

--------------
時間 2012年3月13日(火)18時30分開始(18時開場)
場所 ギャラリー山陽堂2階
定員 20名
参加費 お電話または店頭にて、またメール(info@sanyodo-shoten.co.jp)よりお申込みいただき、
    当店にて『旅は道づれ雪月花』をご購入いただきます。

みなさまのお越しをお待ちしております。

107-0061東京都港区北青山3-5-22 TEL:03-3401-1309 FAX:03-3401-1358
--------------


イベントは終了致しました。
―「本」を通して震災を語るー
期 間: 2012年 2月15日(水)・2月17日(金)・2月24日(金)・3月2日(金)
 震災から10ヶ月あまりが過ぎました。「山陽堂で『できること』ってなんだろう」 と思いつつもなにもできなくて、でも心のどこかではひっかかっていて・・・。
あたらしい年を迎えた2012年、年初10日間という短い間にいろんな出合いや出来事がありました。そんななかで街の本屋らしい方法が浮かんできました。それは「本」を通して震災を語ってもらうということです。
 震災に関する本を選ばせていただいて、各出版社さんや関係者の方にお声をかけさせていただきました。お話してくださるのはこちらの方々です。
一冊の本ができるまでのお話をききにきてください。
みなさまのお越しをこころよりお待ちしています。

--------------

■ 2月15日(水)
語り手 いせひでこ氏
平凡社「木のあかちゃんズ」いせひでこ著

■ 2月17日(金)
語り手 新潮社編集者 河野通和氏・四角英未氏・松本太郎氏
新潮社「できることをしよう。ぼくらが震災後に考えたこと」糸井重里・ほぼ日刊イトイ新聞著

■ 2月24日(金)
語り手 椎根和氏 
芸術新聞社「フクシマの王子さま」椎根和著

■ 3月2日(金)
語り手 今西乃子氏
金の星社「心のおくりびと」今西乃子著

時間 6時30分から
場所 ギャラリー山陽堂2階
定員 各20名
参加費 1000円
今回の企画での参加費は全額「大震災出版復興基金」に寄付。 
申込方法 店頭・お電話・FAX・下記フォームからお申し込みください。 

107-0061東京都港区北青山3-5-22 TEL:03-3401-1309 FAX:03-3401-1358

 
イベントは終了しました。

--------------