#
お知らせ
TOP > お知らせ
2013年1月16日 更新
1月18日山陽堂イブニングトーク今村直樹×並河進「広告って何だっけ?何だっけ!?」
1月18日山陽堂イブニングトーク今村直樹×並河進「広告って何だっけ?何だっけ!?」
2013年巳年、第一回めのトークショーは、『幸福な広告』の著者今村直樹さんとコピーライター並河進さんの対談「広告って何だっけ?何だっけ!?」。

並河進さんが担当されている宣伝会議"Adver Times" 今年第一回のゲストが今村直樹さんでした。

この対談で、今村さんが取り組んでいる「オフコマーシャル」という試みの話題になります。
通常のCMは、クライアントが広告代理店やクリエイターにオーダーしてつくられ、テレビでオンエアするものですが、「オフコマーシャル」は、クリエイターのほうから企画し、クライアントへ提案してつくり、テレビでオンエアすることを前提としないCMです。

この「シャボン玉石けん」のCMはそんな風にしてつくられたものです。
CMの試写会で、出演者の石けん職人の方が
「俺の人生、そのものたい!」
とおっしゃったそうです。
一生懸命つくったCMを、クライアントが喜んで感謝して受けとってくれたこと。
その、あたりりまえのことに、スタッフの皆さんは感動されます。
今村さんは
「モノづくりのそういうあたりまえの実感すら、今広告の現場から失われているんじゃないかな。」
と言います。
「まずお金」ではなく、本来の順序、本等に大切なことを一番目に持ってくるのがオフコマーシャルの試みなのではないかと並河さんは思ったそうです。

ほんとうに伝えたいこと、それが伝わるようなCMをつくること。
それは、よきものを広く一人一人の心に届くように告げる広告。
今村さんが著書の最後に書かれているように
「CMの未来は、むしろCMが本来持っていた力を呼び戻すもの」。
よきことを広く告げ、人が幸福になること。
そこにあるのだと思いました。

《宣伝会議"Adver Times"》
http://www.advertimes.com/20130109/article98397/

《トークショー詳細》
http://sanyodo-shoten.co.jp/gallery/schedule.html