ギャラリー山陽堂
「柴田元幸イブニング・トーク ーーハロウィンの夜にエッセイを」
「柴田元幸イブニング・トーク  ーーハロウィンの夜にエッセイを」
期 間: 10月26日(金)午後7時30分~午後9時00分

「柴田元幸イブニング・トーク  ーーハロウィンの夜にエッセイを」



・日時 1026日(金)午後7時30~午後900

 ・トークの後、ワインを飲みながら、サインと歓談の場を持ちます。

 ・場 所:ギャラリー山陽堂2F

 ・参加費 2000円(ワイン代込・当日レジにて清算をお願いいたします。)

 ・定員:20名 

・お申込方法 店頭・電子メール・電話・ファックス
 mailinfo@sanyodo-shoten.co.jp
 Phone03-3401-1309
 facsimile03-3401-1358
 *定員になり次第、締め切らせていただきます。

   満員御礼となりました。次の機会にはぜひお越しください。

柴田元幸Shibata  Motoyuki

 1954年東京生れ。米文学者・翻訳家。東京大学名誉教授。『生半可な學者』で講談社エッセイ賞、『アメリカン・ナルシス』でサントリー学芸賞受賞。トマス・ピンチョン『メイスン&ディクスン』で日本翻訳文化賞受賞。ポール・オースター『インヴィジブル』(20189月、新潮社)、スティーヴ・エリクソン『ゼロヴィル』(20162月、白水社)、ブライアン・エヴンソン『ウインドアイ』 (201611月、新潮クレスト・ブックス) など現代作家を精力的に翻訳する。『ハックルベリー・フィンの冒けん』(201712月、研究社)、集英社文庫ポケットマスターピース06『マーク・トウェイン』(編訳)などの翻訳も手掛け、村上春樹氏と新訳・復刊の≪村上柴田翻訳堂≫も刊行。『ケンブリッジ・サーカス』(20188月、新潮文庫)、『柴田元幸ベスト・エッセイ』(201810月、ちくま文庫)などエッセイや著書も多く、文芸誌Monkeyでは編集責任者も務める。