#
ブログ
TOP >ブログ > 山陽堂書店メールマガジン【2021年4月15日配信】
2021年4月15日
山陽堂書店メールマガジン【2021年4月15日配信】
山陽堂書店ではメールマガジン配信しています。
配信をご希望される方は件名に「配信希望」と明記のうえ、
sanyodo1891@gmail.com(担当 マンノウ)までご連絡ください。

山陽堂書店メールマガジン【2021年4月15日配信】

みなさま

こんにちは。
今日は僕自身が待ち望んでいたこちら。

山陽堂HiFiブレンド
2021.4.15.1.JPG
京都でHiFi Cafeを営んでいた吉川孝志さんが東京に戻られたタイミングで
「山陽堂珈琲のオリジナルブレンドを一緒につくってほしいです」と相談したのが昨年7月のこと。
それまではコーヒー豆店で買ってきた2種類の豆を独自にブレンドして味をつくっていました。
ただ、この方法では及第点は取れても、それ以上を出せないことが少しずつわかってきたところでした。

オリジナルブレンドづくりは自分がつくりたい味について伝えることから始まりました。
「スモーキーさや苦味ではなく甘みが感じられるもので、酸味はなるべく除きたいです」までは良かったのですが、それ以上珈琲用語的な語彙がなかったため、ここからはほとんどをニュアンスで伝えるようになります。
「思い描いているのは丸い味です」
「ただ、漢字でいうと『丸』というより『和』の方です」
「明るさのなかにも重厚さが感じられるようなものが良いです」
最初に持ってきてくれたのはブラジル・コロンビア・エチオピアの3種類でした。
クセのないブラジルをベースにしたいとも伝えていました。
この3種類の比率を変えたりしていろいろと試したのですが、どうもしっくりこず。
直接的な言葉で伝えることはなかったものの、僕のしっくりきていない様子を察してか、
焙煎具合を細かく調整して新たなサンプルを届けてくれるということを繰り返し行ってくれました。
しかし、それでも思うようにオリジナルブレンドづくりは進まず。
思い描く味がぼんやりとしていて、はっきりと伝えられないことが申し訳ない気持ちでした。
(好きな女の子のイメージはなんとなくあっても、いざ出会わないと誰を好きになるかなんてわからない、というような。やかましいですね。)

吉川さんとは豆を届けてもらうたびに、カウンターを挟んで対話をするということを繰り返しました。
オリジナルブレンドのことについてだけではなく、珈琲を淹れている時に考えていることも話をしました。
「焦げがある豆や形がいびつな豆、パッと見て自分と波長が合わなさそうな豆は除けてます」
淹れる珈琲には自分のなかに少しだけある真面目な部分を含ませられるようにと意識しています」
「(最初のお湯を)おとして蒸らすときにたちのぼる甘い香りにテンションがあがります」
珈琲をのむことよりも淹れることの方が好きであることや、お互いの得手不得手の話などもしました。

2021年、年が明けてから最初にお客様としていらしてくださったのは吉川さんでした。
珈琲をのまれたあと、AとBのサンプルを置いていってくれました。
後日再びいらしてくださったときに「意外にもAのアフリカの豆の方がより良かったんです」と伝えると、それを予想していたのか、タンザニア・ケニア・ルワンダのブレンドを新たなサンプルとして持ってきてくれていました。

それからもいくつか試作を重ねてもらい、オリジナルブレンドはタンザニアとケニアの2種類の深煎りをブレンドしたものに落ち着きました。
深煎りながらスモーキーさは抑えめで、口に含んだときに甘さが感じられる、丸い味を実現できる山陽堂珈琲オリジナルの山陽堂HiFiブレンドです。
珈琲豆の特徴や焙煎についてを熟知し、時間をかけて話を聞いてくださる吉川さんとだからできたブレンドといえます。
当初考えていたブラジルから巡り巡ってタンザニアとケニアまで来られたのは、
僕が伝えた曖昧な言葉や大切にしている感覚などを丁寧に読み解いてくれたからです。
見ただけで丁寧に焙煎されたことがわかる珈琲豆を前にすると、
珈琲を淹れるということがこれまで以上に問われるようでプレッシャーを感じ、緊張感もあります。
ただそれだけに、思い描いたものを淹れられたときの喜びは大きいです。
「山陽堂HiFiブレンド」はこれで完成ということではなくて、これからも吉川さんと対話を重ねながら、豆の種類や焙煎の具合を変えることも含め、その時その時でより良いと思えるものをつくろうと考えています。

好みはそれぞれですので、これまで提供していた味も引き続きご注文いただけます。
性格が異なる少し明るめのこちらの味も大切にしています。

山陽堂珈琲で提供する山陽堂HiFiブレンドは1杯 700円。
来週21日(水)頃の入荷分より50g 500円から豆の計り売りも致します。
(別途紙袋代・瓶代)
写真は瓶代込み60g 800円です。
販売状況によりお売りできないこともございます。ご了承ください。
郵送での購入を希望される方はこちらのメールへの返信にてお問い合わせください。


〈山陽堂珈琲で開催中〉
◇縁つなぐ、お坊さんのオススメ本フェア

全国各地で様々な活動を行っているお坊さんとその仲間達のおすすめ本と、
僧侶でありアーティストの石田明里さんの作品が並びます。
選書したお坊さんたちによる書籍紹介文が掲載された冊子『縁つなぐ、お坊さんのオススメ本 フェア副読本』もお配りしています。
(〜5月8日まで)

〈お知らせ〉
3月27日(土)にNHK  WORLDで放送された「GENERATION 3.11:A Decade Journey」の番組終盤で、
先日3月11日にTYO(東北ユースオーケストラ)メンバーが行ってくれた「音漏れ演奏会」の様子が紹介されています。
放送内容は以下のサイトにてご確認いただけます。
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/ondemand/video/3016091/
(掲載期間は約1年です)

今日の追伸は「報われるとは。」です。
本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

山陽堂書店
萬納 嶺
最近の記事
アーカイブ
カレンダー
2021年4月
       
1
2 3
4 5 6 7
8
9 10
11 12 13 14
15
16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30