#
ブログ
TOP >ブログ > 山陽堂書店メールマガジン【2021年3月25日配信】
2021年3月25日
山陽堂書店メールマガジン【2021年3月25日配信】
山陽堂書店ではメールマガジン配信しています。
配信をご希望される方は件名に「配信希望」と明記のうえ、
sanyodo1891@gmail.com(担当 マンノウ)までご連絡ください。

山陽堂書店メールマガジン【2021年3月25日配信】

みなさま

桜も開花し、いよいよ季節は春の真っ只中ですね。
就寝時は変わらず巻いておりますが、日中は腹巻せずに過ごしています。
(人の腹巻で季節の移ろいを感じたくないですね、失礼致しました。)
ここにも以前書いたことがあるかと思いますが、青山で桜が綺麗に見られる場所として個人的におすすめなのは、
山陽堂書店のすぐ裏手にある青山 善光寺さんと、少し距離がありますが青山霊園です。

さて、本日紹介するのは来月から当店で原画展を開催するこちら。
「90歳セツの新聞ちぎり絵」木村セツ・里山社
2021.3.25.1.JPG
http://satoyamasha.com/books/2512
1月7日に90歳を迎える数日前の2019年元旦、「趣味を拵えたら」という木村幸子さん(娘)のアドバイスで新聞ちぎり絵を始めた奈良県在住の木村セツさん。
「やり始めたらどんどん興味わいてしまって、一心になってしもて」創作を続けたところ、
漫画家・イラストレーターの木村いこさん(孫)が帰省していた際にその作品を目をつけ「おばあちゃんがこんなん作ってます」とSNSで発信。
たちまち話題となり、ツイッターフォロワー数が4万人を超えるほどの新聞ちぎり絵作家に。
本書では90歳になってから制作した新聞ちぎり絵のうち約50点の作品とコメント、
そして木村セツさんのこれまでの人生の一部がインタビュー形式で掲載されています。
働きに働いてきたそれまでの人生のなかで趣味もなく、何かを創作することもなかったというセツさんですが、
以前からデパートなどに出かけた際には商品パッケージのデザインについて自分の意見を伝えることがあったそうです。
デザイン関係のお仕事をされている幸子さん(娘)はそういったこともあり、客観的な意見が欲しいときにしばしばセツさんに相談するといいます。
今回の展示では新刊「91歳セツの新聞ちぎり絵 ポストカードブック」の刊行を記念して、
2階では木村越さんが90歳・91歳のときに制作した作品と、山陽堂書店がリクエストして制作していただいた「かりん」も交えて原画17点を展示。
作品は一つ作るのに6〜7時間かかるとのこと。
それだけ集中して何か一つをしたことが思い当たらない人生を送ってきた僕としては頭が上がりません)
是非その原画をご覧いただければと思います。
そして、3階では孫 木村いこさんの作品を展示致します。
「居心地の良さ」を全体に通じるテーマとし、不透明水彩、アクリルガッシュ、クレパス等で製作された原画作品が約15点並ぶ予定です。
ポスターデザインはじめ企画協力として娘 木村幸子さん(いこさんの母)にも携わってもらい、木村家3世代をあげて開催していただく本展示。
山陽堂書店も3世代(店主 祖母〜孫 萬納)でお迎え致します。


『91歳セツの新聞ちぎり絵 ポストカードブック』刊行記念
木村セツ&木村いこ 祖母と孫の二人展
会期:2021年3月30日(火)〜4月10日(土)日休
89歳から新聞ちぎり絵を始め、話題を集める祖母・木村セツと、漫画家でイラストレーターの孫、木村いこ。
『91歳セツの新聞ちぎり絵 ポストカードブック』の刊行を記念し、日常を暖くも精緻に描き出すタッチに共通点をもつ祖母と孫の二人展を開催します。
ポスターデザイン・企画協力はグラフィックデザイナーで、セツの娘、いこの母である木村幸子。創作一家のおおらかで豊かな世界をお楽しみください。
http://sanyodo-shoten.co.jp/gallery/schedule.html#1149
2021.3.25.2.JPG
展示期間中に当店で「90歳セツの新聞ちぎり絵」と「91歳セツの新聞ちぎり絵 ポストカードブック」を2冊以上ご購入いただいた先着50名様に特典の栞がつきます。
※1人1枚まで

最近の記事
アーカイブ
カレンダー
2021年4月
       
1
2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30