#
ブログ
TOP >ブログ > 山陽堂書店メールマガジン【2020年10月15日配信】
2020年10月15日
山陽堂書店メールマガジン【2020年10月15日配信】
山陽堂書店ではメールマガジン配信しています。
配信をご希望される方は件名に「配信希望」と明記のうえ、
sanyodo1891@gmail.com(担当 マンノウ)までご連絡ください。

山陽堂書店メールマガジン【2020年10月15日配信】


みなさん


こんにちは。
先週今週はやることが重なり文字をあまり追えなかったのですが、
そんな時に小峰書店(出版社)の方がお店に来て紹介してくださり、
「良いなぁ」と心落ち着かせてくれた本がこちら。
「なまえのないねこ」文 竹下文子 / 絵 町田尚子(小峰書店)
2020.10.15.1.JPG
https://www.komineshoten.co.jp/special/namaenonaineko/
2019年4月に刊行されてからいくつかの賞を受賞して話題にもなっており、
今年9月で早くも13刷のベストセラー絵本です。
主人公はなまえのない、いっぴきのねこ。
おなじまちのねこはみんなそれぞれに"名前"で呼ばれています。
「いいな。ぼくも なまえ ほしいな」
自分の名前を探し始めたねこが最後に気づいた、本当に欲しかったものとは...

僕の人生に猫はほとんど関わっていませんが、
部屋の小さなベランダにごくごく稀に猫が訪れます。
(訪れるねこはいつも違う、と思う)
窓越しに目を合わせると「ん?」みたいな表情をするので、
こっちも「はい?」と応えたまましばらく目線を外さずにいると、
たいてい向こうが「付き合ってられんわ」といった調子で出て行きます。
こちらがひとり残された気持ちになってしまっていることは、
去っていく彼らにとって知る由もないことですね。

今日の追伸は「1秒のおかげ」です。
本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
それではまた来週のメールマガジンで。

山陽堂書店
萬納 嶺

やることがいくつもあり、「ちょっと疲れてしまいそうだな」と思ったので、
「生きていて良かったことでも思い出すか」と、店からの帰り道に自転車を漕ぎながら考えていた。
(物の言い方が大仰ですけど)
思い出したのは、少し涼しくなってきた最近の出来事。

道路を挟んだ反対側の道に、青いユニフォームを来た少年が自転車で青山方面に向かっている姿が目に入った。
一昨年までサッカーを教えていたMだと遠目でもわかったものの、
広い青山通りを挟んだ反対側まで声はかけられず、
その日は練習に向かうその姿を遠くから眺めるしかなかった。

数日後。
青山一丁目の交差点。
自転車にまたがり赤坂方面に走る車道で信号待ちをしていると、
横断歩道の赤坂御所側(交番の前)で信号待ちをしているMの姿があった。
今日も自転車に乗り、青いユニフォームを着ている。
青山一丁目の交差点は大きいので、道路の同じ側でも横断歩道と(直進する)車道には距離があり、すれ違いざまに声をかけられる距離とはいえなかった。
「今日も声はかけられないなぁ」と思いながら、青になった信号を進み始めてからもMのほうを見ていると、少しだけ左に顔を向けたMと目が合い、1秒だけ手を振り合った。

今日だって明るい朝を迎えられたのは、Mの振ってくれた手が僕の名を呼んでくれていたからである。
最近の記事
アーカイブ
カレンダー
2020年10月
       
1
2 3
4 5 6 7
8
9 10
11 12 13 14
15
16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31